本文へスキップ

グローバルマインドを身につけるマレーシア留学

マレーシア留学の魅力ATTRACTIVE MALAYSIA

教育のハブ・マレーシア

多民族国家として知られるマレーシアの人口は約3千万人、このうち、約65%がマレー系、約25%が中華系、約8%をインド系が占め、さらに多数の先住民族も共存しています。公用語はマレー語ですが、かつて大英帝国の統治下にあった歴史を反映し、今も英語は準公用語として広く使用されています。

マレーシアでは、割安な授業料で質の高い高等教育サービスを受けることができるため、世界中から留学生が集まってきており、そのためアジア地域の教育ハブとしても知られています。マレーシアの教育制度はイギリスの教育制度とよく似ており、国立大学が20校以上、私立大学・カレッジは50校以上、外国大学の分校は約10校と、多数の大学が運営されています。また、日本とマレーシア両政府の共同事業として設立されたマレーシア日本国際工科院(国立大学であるUTMの一部局として設立)などもあります。一般的に、国立大学はアジアやイスラム圏を研究対象とする学部や専攻が私立大学より豊富という特長があります。

一方、私立大学は、より実務的な教育に重点を置く傾向がみられる他、イギリスやオーストラリアなど英語圏の大学との連携が盛んであるため、在籍する大学と提携大学双方の学位取得を目指したり、提携大学への編入を目指す学生も少なくないようです。マレーシアの学費は、国立大学、私立大学ともに欧米の大学と比較すると半分以下の水準となっています。

マレーシアには数多くの語学学校もあり、英語力を集中的に向上させたいというニーズに応える様々なプログラムが用意されています。マレーシアの語学学校のプログラムは基本的にイギリスやオースラリアの語学学校のプログラムに準じており、経験豊富なネイティブの英語教師、ないしはTESOL(英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格)の資格をもつ教師が教鞭をとっています。


教育のハブとして世界中の学生を惹きつけるマレーシアには世界中から様々な人々が集っており、多様な文化に触れながらマレーシア人のみならず他国から訪れている人達と友人になることも可能です。また、異文化との出会いは、語学力の向上のみならず多様性を理解し受入れる寛容性を育てることにも役立ちます。マレーシアは海外留学を検討する学生の皆さんにとって魅力的な候補国の一つといえるでしょう。

観光立国マレーシア

マレーシアは東南アジアの中心に位置しています。国土面積はマレー半島部とボルネオ島をあわせて約33万平方メートル。タイ、シンガポール、ブルネイ、インドネシアとASEAN諸国10カ国のうち4カ国と国境を接しています。マレーシアは、東南アジア諸国へのアクセスの観点からみても、とても便利な場所に位置しています。




マレーシアは熱帯雨林気候に属します。季節は大きく乾季(6〜7月)と雨季(12月〜3月)に分かれますが、年間を通じて湿度は高く、気温は20〜30度で安定しています。雨量が多い季節には、稀に集中豪雨による洪水や地すべりなどの災害が起こることもありますが、台風や地震などの自然災害は、殆どありません。


国土の約6割を占めているのは、多様な生物や植物が生息する熱帯雨林です。また、白い砂浜が広がる美しい島々、荘厳な山々、神秘的な洞窟や滝などの大自然に恵まれ、自然を愛する旅行者を魅了し続けています。

大自然に恵まれるマレーシアのもう一つの魅力は、首都クアラルンプールに代表される現代的かつ躍動的な大都市としての姿です。 クアラルンプールには「ペトロナスツインタワー」に隣接する KLCCショッピングセンターをはじめとして洗練されたショッピングモールが数多くあり、 一流ブランドからマレーシアの特産品まで何でも揃っているだけでなく、 高級料理からローカルフードまで実に様々な食を楽しむこともできます。
しかも、こうした国際的な都市の中に、マレー文化のみならず中国文化や インド文化を代表する様々な象徴的な寺院や地域も共存しています。 マレーシアは、大自然と大都市、そして多種多様な文化を同時に楽しむことのできる魅力を備えた国なのです。

グローバル人材としての資質を育てるために

今、世界ではグローバルに活躍できる人材が求められています。世界を舞台に仕事をしていくためには、語学力や専門的な知識と技術のみならず、多様な文化背景や価値観を持つ人々と共に切磋琢磨していくための豊かな対人能力も必要となります。マレーシアという多文化・多民族国家に身をおき、様々な国の人々と共に学び生活する経験は、やがて世界で活躍していくための知見や技術を磨いていく上で、貴重な機会となるでしょう。

参考文献
「マレーシア留学ガイド」(2014年),マレーシア政府後援
「ほっとひと息マレーシア休暇」,マレーシア政府監修
English / Japanese

information



特定非営利活動法人
アジア科学教育経済発展機構
(Asia SEED)

〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル7F
TEL.03-6206-2222
FAX.03-6206-2244
Mail: study-mjiit(@)asiaseed.org