「ベトナムの今後5年の工芸と観光に関するビジョン」

ハノイ Sunway ホテル(ベトナム)



グループディスカッションの成果

調査団からの発表を受け、90分間のグループディスカッションが無作為に分けた3グループで行われました。「ベトナムの今後5年の工芸と観光に関するビジョン」というテーマで議論が行われ、参加者はそれぞれ職人、地元政府、中央政府、旅行業者、大学関係者といった参加者の立場から様々な意見が出され、活発な意見交換が行われました。

以下は Aグループ  Bグループ Cグループ それぞれのグループからの発表の概要です。


Aグループ: 国家経済大学観光学部 副学部長 Ms Hoang Thi Lan Huong

.旅行業者からの代表と、職人で構成されたグループ。以下が、グループからの提案。

意識の向上:


トレーニングプログラム:
フィールド・トリップ:
ネットワーク化:
その他:

Bグループ: Van Lam村役場 Mr Dinh Truong Sinh


Bグループは主に、刺繍の村に関する問題について話し合った。

工芸品産業と観光振興に関する所見 ネットワーキング: 地元の外部の組織と協力して、年間予定を作るといいのではないか。: 投資と外からの援助: その他:

Cグループ: Phu Vinh村役場 Mr Trang Ba Kham


所見:
商品開発: 意識の向上: トレーニングとワークショップ: 投資と外的援助: その他: